そーじろー.com~書斎とアイランドキッチンがある家づくり~

「そーじろー.com」管理人のそーじろーです。一条工務店にてマイホーム購入に伴い、ブログに記録を記していきます。

夫の希望に沿えない妻の悩み

 


ども!そーじろーです(☆∀☆)

いつも来てくれてる方!いつもありがとうございます!

お初の方!お初にお目にかかります!そーじろーと申します!良かったらこちらの記事も読んで下さいw

 

 

soooojirooodotcom.hatenablog.com

 

 

 

一条工務店で家建てるなら特化ブログにしろよ…ってのは重々承知なんですけど、特化の方はプロブロガーさんが特に沢山いる一条工務店ですから、僕は僕の道を歩きます。←は?

 

だって皆さんすごいんですよもぉ(´・ω・`)

 

 

僕のブログは“一条工務店で家を建てる人”そーじろーのブログです!

 

 

 

んで、タイトルの件ですね!

 

これは、直接我が家のお話ではないのですが家づくりをしてく上で避けて通れないであろう話題だったので記事にしてみました。

 

 f:id:soooojirooodotcom:20190306222920j:plain

 

これはつい先日の事なんですけど、前職の部下夫婦の奥様が家づくりで悩んでいると言うので話を聞くことに相成りました。

 

 

 

部下といっても旦那は高校の先輩だし、嫁は中学の先輩だし、会社に入ったらたまたま部下になったなんとも不思議な関係の方々ですw 

 

その旦那抜きでその妻のお話を聞きまして…

 

 

 

 

 

 

 

その妻の悩み

 

 

旦那が、書斎が欲しいと言っているが←ん?どこかで聞いたことある…

 

いらないと思わない?←それ僕に聞きますか?w

 

 僕はこんな人ですよ?

 

soooojirooodotcom.hatenablog.com

 

 

soooojirooodotcom.hatenablog.com

 

 

 

その旦那

 

 

家づくりに関しては「打ち合わせって俺もいかないなん?」って感じの人任せ大臣な人。

書斎以外の要望は特になく、無関心大臣でもある。

一緒に仕事しているときもモチベーション上げるのに苦労したのを思い出しましたよ。

(よく、家建てる気にしたなw)

 

 

その妻のいらない理由

 

 

旦那はゲームや漫画が好きだから、書斎に引きこもって出てこないと思う。

そうなると、家事や育児は今まで以上に手伝わないし、一緒に住んでる意味ないじゃん?

(痛い。何かに刺されてる。ん?俺?)

 

 

 

そーじろー的な見解

 

 

えっ…と…まあ恐らく引きこもるのは間違いないんだろうな。そういう人だから。

でも、自分も書斎つくるし旦那の希望が一つも無い家づくりってのもなんか駄目じゃないかなってのが本音。

 

(そもそも、家づくりの悩みじゃなくて夫婦関係の問題な気もするけど)

その場にいないが旦那寄りで話を進めました。

 

 

クロージングタイム(前置き)

 

 

僕の書斎熱望論はこっちでも、展開しました。が、ただそれだけ伝えてもなかなか響かないでしょう。それは“書斎が欲しい人”の主張だから仕方ありませんです。

 

価値観の違いみたいなもんですから

 

夫婦は極論いえば、他人ですよね。なので分かり合えない部分だってあると思うんですよ。

時には妥協し合う部分だって必要です。

どこで折り合いをつけるのかってのが今回は大事だと思いまして…

 

思考を巡らせます。

 

(ただ、この嫁も我が強いんだよな…)

 

 

 

クロージングタイム(本編)

 

 

ドォスル??(*´・д・)ノ(・д・`*)ドォシヨッヵ・・・

 

そ「そりゃ旦那は書斎にこもるでしょー」

妻「でしょ-( ̄ε ̄✨✨」

そ「そりゃそうよ。あの旦那だからねー」

妻「だから書斎なんて持たせられないじゃん?」

そ「そ…そだね。」「いや、そういう訳にはいかないじゃない?」

 

(頑張れ!そーじろー!)

 

妻「どうして?」

そ「そもそも2人の家な訳じゃん?」「それじゃ妻だけの家じゃね?」

妻「まあ…そうだけど」

そ「だから“あえて”書斎をつくってあげたらいいんじゃね?」

妻「つくってあげるかぁ(・・*悩)。。oO」

そ「そうそう。妻の裁量でつくってあげるんよ」

 

 

(ちょっと流れキタ──ヽ('∀')ノ──!!)

 

妻「でもさ、それで引きこもりになったら嫌じゃん?」

そ「そりゃ本末転倒ってやつじゃん?」「だから、引きこもりにくい書斎をつくってあげるんよ」

妻「ん?」「どゆこと?」

そ「間取りは一任されてるんでしょ?」

妻「そうだよ」

そ「だから、動線上引きこもりにくいところに書斎をつくればいいんじゃないの?」

妻「え?出来るの?」

そ「出来るでしょ!設計士に頼んでみれば」←急に人頼みw

妻「やってみる!」

 

 

圧倒的勝利(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

 

結果

 

 

書斎をつくる前提で家づくりする事になりました。圧倒的勝利です。

ありがとうございます。

まあ僕に相談したら(内容的に)そうなりますよねw

 

ちなみに動線上引きこもりにくい書斎ってのは

  • 踊り場書斎
  • リビング横に書斎
  • 壁なし書斎etc…

 

端的に生活動線の中に書斎を組み込めば引きこもりは防げます。

 

f:id:soooojirooodotcom:20190306223732j:image

 

ほら!こんな書斎コーナーもあります。

 

オサレでかっこいいですよね!これ一条工務店の展示場のリビング書斎です。

 

愛知県の方は一度見に行かれてもいいかも。

出来たばかりなので最新設備が整ってますよー!

 

刈谷展示場|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】

 

 

まとめ

 

 

今回は旦那さんの希望が、僕の希望と合致してしまい既定路線で話しをしてしまいましたが、要は落としどころをみつけよって事ですよね。

あれは駄目!これは駄目!ってなったらせっかくの家づくりも楽しく無くなってきてしまいますし、それこそ非協力的になりかねません。

それと、どうしても意見が合わなくなった時に極論(YES or NO)で話し合う事って多いと思うんですけど、半分YESみたいな答えもあるんじゃないかな?って思います。

 

さて、それは我が家にもいえる事ですので…おっともうこんな時間DA!更新ボタンを押さねばw

 

 どうも、お付き合いいただきありがとうございました!!

 

スターとかいただけるとと尻尾振って喜びますw